内定

内定承諾する前に…

こんにちは!
志望度の高い企業から、
内定が出ると嬉しいですよね。

嬉しさのあまり暴走をして、
トラブルにならない様に注意です!

正式な回答前に、
下記ポイントを参考にして、
良い入社に繋げていければと思います。

 

ポイントは下記2点となります。
①オファー条件の確認
②入社日について

順番に行ってみましょう。

 

①オファー条件の確認

出来ればオファー面談を行いましょう!

内定通知書・オファーレター色々な呼び方が有りますが、
記載内容は企業毎で様々です。
分かりづらい場合も大いに有ります。
入社後、あとで違ったと、
ならない様に必ず分からない点は確認をしましょう。

私が言うべき事ではありませんが、
エージェン経由の場合、
担当コンサルタント任せにせず、
主体的にこの点は確認しましょう。

転職エージェントによっては、
入社するまでが仕事という感覚のコンサルタントも残念ながら居ります。
ですので、入社後の事は、自ら聞いていきましょう!

 

②いつ入社できるか?

内定承諾してから1か月~1ヶ月半が常識範囲内です。

内定が出る前から、
おおよその入社日を伝えていれば、
何の問題もありません。

しかし、あまり打ち合わせずに内定が出る事も有ります。

例えば入社までに3か月掛かるとなる場合、
オファー取り消しになる事もありますので、
そうならないように事前に、
伝えておく事が大切ですね!

もし入社に3ヵ月掛かる事が内定後に判明した場合、
方法は2点しかありません。
1.現職への退職交渉を強行突破で行う
2. ひたすら謝って事情を説明する(オファー取り消しのリスクも踏まえて)

私は転職コンサルタントとして、
企業様とご登録者様の中立の立場です。

だからこそ言えるのが、
その方にとって大切なのは現職の引継ぎではなく、
これから働いていく会社への体裁・姿勢です。

ドライに言えば退社する事自体が、
現職へ迷惑が掛かる事ですし、裏切りです。
退職後の細かい引継ぎは、
企業側が考える事であり、
一社員が考える事ではありません。

経営者クラスになれば話は別ですが、
部門長・マネジャー以下クラスの方で、
2ヶ月以上転職期間が掛かる場合、
そもそも会社のその様な体制自体が間違っているといえます。
極論。細かく引継ぎをしたところで、
辞める社員を守れる程、会社は優しくありません。

ですので割り切って、
そこは遅くても1ヶ月半位を目安に退職を目指しましょう。

厳しい見方をすれば。
ビジネスマンとして、
2ヶ月も掛けないと転職できないというのは、
ビジネスマンとしての資質を問われても無理がないとえます。
(もちろん、その方で色んなご事情はある事は重々承知です)

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

まとめますと、

 

条件の確認と入社日の伝達を、
しっかりと行うという事ですね。

内定をもらって浮足立って、
大切なところで凡ミスをして内定取り消しというのは、
実際に有ります。

そうならない様に、注意して進めていきましょうね。

お疲れ様でした!
このコラムが誰かの良い転職に繋がります様に☆

転載元: 転職 『成功』と『失敗』/ 内定承諾する前に…