面接対策【最低限この3つは準備しましょう】

こんにちは!
面接って緊張しますよね。
分かります。
見定められている感覚が落ち着かないですよね。

でも、しっかりと準備をすれば、
緊張も和らぎますし、
仮にご縁が無かったとしても、
納得が出来ますよね。

という事で今回は、

面接対策について3つに分けてお話します。

 

①志望動機を準備する

別のコラムで書いていますが、
面接の中で一番重要なのが志望動機です。

詳しくは

志望動機の作り方

をお読みください。

 

②想定質問の対策

これは準備をしようと思えば、
無限に準備ができるので、
別途お伝えをしますが、
やはり最低でも下記位は準備しておきたいですね。

 

1.今までの最大の実績・貢献はどんな事が有りますか?
2.失敗体験はどんな事がありますか?
3.自分の強み・弱みはどんなところですか?
4.これからのキャリアについてどう考えていますか?
5.仕事をする上で大切にしていることはなんですか?…etc

 

想定質問の対策のポイント

ポイントはあまり細かく設定しすぎない事です。

これは結構よくある事ですが…
→想定質問集という本を買う。
→一つ一つを一字一句細かく書く。
→丸暗記する。
→面接で想定質問が来る。
→丸暗記していたことを緊張して忘れる。
→丸暗記という覚え方の為、全く思い出せなくなり無言になり焦る。
→変な空気が流れる。
→より焦って変な事を言ってしまう。

上記の用にならないポイントは、
簡単にまとめておく位にするという事です。
「この質問には、この3つポイントを軸に答えよう。」
という感じですね。
細かく作り過ぎることは、かえって自分を苦しめる可能性があります。
細かい事に気配りできる方に陥りがちなので、
注意しましょう。

 

③最後の質問

おそらく面接の最後に逆質問コーナーがあるかと思います。
「最後に何か質問ありますか?」

ここで「何もないです」「大丈夫です」と答えてしまうと。
聞いている側としては、
「弊社に興味ないの?」
「逆に聞きたいことないの?!」
とネガティブな印象に取られてしまう可能性が高くなります。

 

ですので、最低でも3つは準備をしましょう。
特に1次面接では、
現場感のある質問をした方が良いです。
「入社してすぐは、具体的にはどんな所をお任せいただけますでしょうか?」
「働くメンバーの組織構成を教えてください」
「今後入社する人材に期待したいスキルは?」
「予算(目標)はどれ位を想定していますか?」など…
なぜ、現場感のある質問を準備した方が良いかの理由は下記2点です。

 

1.入社した時際のギャップを少なくできる。

面接の場ですので、お互いに取り繕っている部分は必ず有ります。
究極、入社してみないと分かりません。
しかし、ベストは尽くすべきです。
求人票や転職エージェントから聞いていた職務内容が全然違う。という事は、
残念ながらあります。
だからこそ、事前に確認できる事は聞いておきましょう。
(それでも入社後のギャップは必ず生まれます)

 

2.企業側の評価が上がる

現場感のある質問をする事で、
「ここまで既に考えられているんだ」
「ここまで働くイメージが出来てるんだ」
「しっかりと理解したい。考えることのできる人なんだな」
と好印象に映ります。

逆にNGな質問としては、
「それ聞いてどうするの?」
「なぜそこを知りたいの?」と思わせる、
意図が分からない質問です。
現場担当者責任者レベルを超えた質問。
経営者クラスに対しての現場感のある質問。

どうしても、聞きたい所があり、
ストレートに聞くと変な風に思われる可能性がある場合は、
なぜその質問をするかの納得できる理由を枕詞においてから、
質問をするという事をお勧めします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最低限な面接対策かと思いますが、
やっぱり重要です。
抜かりなくここは準備しましょう。

細かく言えばもっとたくさんありますが、
この人と一緒に働きたいと思って頂けるような、
人間性・立ち振る舞いもやっぱり重要ですよね。

お疲れ様でした!
このコラムが誰かの良い転職に繋がります様に。


完全無料!専門コンサルタントによる無料サポート

業界未経験でも安心の
手厚いサポート

食品業界における効果的なアピールの仕方のアドバイスや、書類指導、面接対策などのサポートを、食品業界に精通した専門のコンサルタントから受けることができます。費用は一切かかりません。無料で手厚いサポートを受けることができ、転職が初めての方も安心してご利用いただけます

[無料] 転職コンサルタントに相談する

未経験者からベテランまで
あなたに合わせた求人をご案内

「食品業界キャリアセンター」には公開されている求人だけではなく、非公開求人や「食品業界キャリアセンター」にだけ知らされている独自の求人など、食品業界での強いコネクションを背景とした求人が数多くございます。その中からご希望やご経歴に合わせた求人をご紹介いたします。

[無料]非公開求人紹介に申し込む