食品業界の品質管理とは?

こんにちは!
普段、口にしている食べ物が安全かどうかは気になりますよね?

 

あの有名な商品が
実は劣悪な環境で作られたなんて事もありますね。

 

そこで活躍するのが品質管理です。
という事で今回は品質管理について解説したいと思います。

1.品質管理の仕事内容とは?

食品が安全に問題なく作れる様に管理するお仕事です!

品質管理といっても仕事内容が広いので、
順番に解説していきます!

1.検査

検査といっても様々有り
細菌検査、官能検査、微生物検査、放射能物質検査、遺伝子組み換え食品検査など。

細かく見ていくと相当な量になってしまいますので省きますが
食品の安全を検査によって評価します。

2.商品規格書の作成

自社商品が何でできて
どんな原料・成分・アレルギー物質で作られたかをまとめたものを「商品規格書」といいます。
こちらがないと商品を販売が出来ない為、非常に重要な仕事のひとつです。

3.一括表示の作成

商品の裏によく賞味期限とかたんぱく質何gとか記載がありますね?
あちらの作成業務です。
こちらは身近なのでイメージしやすいですね!

呼び方は、裏面表示やラベル表示と呼ばれ
ラベルシール専用のプリンターに入力していきます。

4.衛生指導・教育

製造工場の従業員に対して
衛生面の指導・教育を行うのも非常に重要なミッションです!

分かりやすい所だと(細かいですが…!)
・製造機械の取扱い方法、点検管理、洗浄方法
・作業服の着方、帽子のかぶり方、手洗いの徹底・管理
・衛生講習会の実施、異物混入防止会、防カビ講習会
作業員全員が徹底することが食品の安全に繋がるので、非常に重要です!

5.工場監査 及び マニュアル・ルール作成

安全・品質に問題がないの確認を工場内を回り評価・確認をしていきます。

・清掃が行き届いているか?
・手順を間違えてないか?
・記録は正確に記載をされているか?
・期限切れの原料などは廃棄しいてるか?
・安全、安心が作れるワークになっているか?
・リーダーはしっかりと機能しているか?
・丁寧な作業を心掛けているか?など。

6.クレーム対応 及び 原因究明

自社商品についてのクレーム・苦情問合せの対応・原因究明→対策も行います!

 

異物混入していた!中身が少なかった!中身が入って無かった!など
やはり何かしらのエラーは発生するモノですね。
その際の品質管理者としての
クレーム対応・原因究明・対策案の立案も担当します。
大変です・・・。

2.品質管理になるには?(必要な資格は?)

必須の資格はありません!

必須な資格はありませんが
持っていると有利になる資格が有りますので紹介しておきます!

 

・品質管理検定(QC検定)
・マネジメント監査員検定
・ソフトウェア品質技術者認定
・JSTBQテスト技術者資格認定
・QCサークル指導士資格認定制度
・信頼性技術者資格認定制度
・R-MAP実践技術者認定制度
・信頼性技術者資格認定制度(JCRE

 

いかがでしたでしょうか?
品質管理の仕事といっても担当幅が広いので
最低上記くらいは把握してないといけません。
是非、ご参考にしてみてください。